Chủ đề: MPKEN Kitchen

Chuyên mục
Viet Nam’s soul food: Mì Quảng miền Trung

ベトナムのソウルフード – 中部 Part 2    今回紹介するのはベトナムのクアン麺 (Mì Quảng) という料理です。クアン麺はベトナム中部にあるクアンナム省特有の料理です。サラサラな米粒で作られた薄い皮を2㎜ぐらいに千切りにした麺を使います。皿に新鮮な野菜、豚肉、エビ、鶏肉、カエル肉、雷魚などを入れて、麺をのせ、その上から豚骨煮込みスープを注ぎます。トッピングとして、炒めたピーナッツと千切りにした青ネギ、パクチー、唐辛子などと一緒に食べることもあります。通常、スープは濃厚なものが多いです。      Nguồn: resortdanang Nguồn: Địa điểm mua sắm  Nguồn:…

Chuyên mục
Các loại gia vị từ ớt trên Thế giới

  唐辛子の辛みのもとはカプサイシンという成分です。この成分の効果は食欲を増進させたり、血もよく流行して体が温めたりするなどがあります。今回は、世界中の唐辛子を使った様々な調味料を紹介いたします。 1.メキシコのサルサソース   トマトや玉ねぎなどを使って旨味いっぱい、スペインでよく使われるサルサソースです。サルサソースと言えば、タコスなどの料理にかかせないものです。トルティーヤチップスを付けて食べたり、サラダのドレッシングとして使われます。 2.中国の豆板醤   中華料理によく使われる特徴的な辛味は豆板醤です。唐辛子とそら豆を熟成・発酵させて作られます。四川風麻婆豆腐を食べる時、強い辛味と塩気が特徴的の味がわかります。 3.韓国のコチュジャン   韓国にはある特な「コチュジャン」があります。唐辛子ともち米、そら豆のペーストを発酵させて作られます。ビビンバなどを食べるときによく使われるものです。 4.日本の七味唐辛子とラー油   日本の代表な唐辛子パウダーは「七味唐辛子」です。七味唐辛子の中に赤唐辛子のほか陳皮(ちんぴ)(みかんの皮を乾燥させたもの)・ごま・生姜・けしの実・山椒・麻の実・青のり…なども入ります。ゆず七味唐辛子もあります。豚汁や味噌汁、うどんやそば、焼き鳥やどんぶりなどにかけて美味しさがアップなります。辣(らー)の中国語とは辛いという意味です。ごま油に唐辛子などを加えて加熱して作ります。日本においては1966年に販売され始めたそうです。日本人が餃子、ラーメンを食べるときよく使います。 5.アメリカのタバスコ   日本で人気があるペッパーソースは「タバスコ」というアメリカの会社の商品です。タバスコと言えば、辛みを増すためにピザやスパゲティにかける人が多いと思いますが、実はアメリカ人とイタリア人はステーキやカキにかけたりしますが、ピザにはかけません。 6.ベトナム人のチリソース   ベトナム産の唐辛子は何種類かありますが、いずれも非常に辛いです。同じく、ベトナムのチリソースは特徴な辛さで知名度が高いです。ベトナム人は何でもチリソースを付けて食べます。一般的にバインミーやフォー等の麺類にかけられますが、春巻きやバインクオンのタレに入れても美味しいです。是非食べてみてください。 …

Chuyên mục
Hương liệu trong ẩm thực truyền thống Nhật Bản

和食と薬味     外食をすると料理に添えられている薬味を見かける機会があります。普段あまり気にしないものですが、主役の料理を引き立たせる脇役です。今回はその薬味について紹介します。 薬味は前述のように、料理に少量添えられるもので、味や香りの強いものが多いです。ミントやバジル、パクチー等のハーブ類やレッドチリやガラムマサラ、ターメリック等のスパイス類(香辛料)もこれに含みます。   日本で薬味がよく使われている料理の一例にそば、うどん、冷奴(ひややっこ)があります。冷奴は冷たい豆腐の上に薬味や調味料等を乗せて食べる料理です。和食で主に用いられる薬味は海苔(のり)、胡椒(こしょう)、にんにく、ねぎ、パセリ、わさび、しょうが、ごま、みょうが等です。薬味には料理の味を引き立たせるだけではなく、それぞれ効能があります。一例として、疲労回復や消化促進効果のほか、殺菌作用と鎮静作用があるため、昔から風邪をひいたときの対処に使われてきました。薬味を上手く摂取することで、料理が一層おいしくなるだけではなく、健康増進にもなるのです。   Xem thêm: Viet Nam’s soul food – Trung Bộ – Phần 1…

Chuyên mục
Viet Nam’s soul food: Cơm hến miền Trung

ベトナムのソウルフード – 中部 Part 1 中部の概要     ベトナム中部は南北に長く、西側に沿った山脈及び南シナ海に囲まれています。東西方向の最も狭いところは 50 キロメートルしかありません。自然が厳しく、シナ海に広く接するため、他の地域と比べると独特な味の食文化があります。   コムヘン (Cơm hến) は中部の古都フェのソウルフードです。調理方法はとても簡単で、できあがりは美味しい料理です。この料理の起源は昔のフォン川の岸辺に住んでいた庶民たちだそうです。200年ほど前に嘉隆(ザーロン)王の時代に生きていたフィン家族の夫婦はとても貧しく、冷ご飯(コム)とシジミ(ヘン)などで飢えをしのがないといけませんでした。その後、コムヘンというような料理が作られ始め、フェの庶民階層に流行っていきました。 コムヘンは、炒めたシジミを野菜、バジル等のハーブ、ピーナッツなどと和えて白米にのせ、最後にシジミ汁をかけて食べる料理です。シジミ汁は温かいですが、その他の白米や野菜などは冷えたものを使います。ただし、必ずしもシジミ汁をかけないといけないわけではありません。おすすめは、激辛のチリソースをかけて食べることです。お店によって使用する材料に違いがあるので、食べ比べをしても良いでしょう。コムヘンは朝食として食べることが多く、一部のお店は昼前に閉店するため、注意が必要です。  Xem thêm: Thể…

Chuyên mục
Thể hiện món ăn qua từ tượng hình tượng thanh

「ぷるぷるの茶碗蒸し」「カチカチのおもち」「すべすべのまんじゅう」「あつあつのタイヤキ」「ねばねばの納豆」・・・日本語には不思議な表現が多いですね。この「ぷるぷる」や「カチカチ」といった言葉はオノマトペ(onomatopee)と言います。 もともとはフランスの言葉で、「擬音語(ぎおんご)」と「擬態語(ぎたいご)」をまとめてこう呼びます。「擬音語」は実際の音を表現したものである一方、「擬態語」は音ではなく、人や物の様子・感情を表しています。「擬音語」の例として、「ガチャン」はガラスの割れる音、「ワンワン」は犬の鳴き声、「ドキドキ」は鼓動を表します。擬音語の例として、「コケコッコー」は鶏の鳴き声を、「ザーザー」は雨が激しく降る音を表します。擬態語の例として、「キラキラ」は光っている様子、「にこにこ」は微笑んでいる様子を表します。こうしたオノマトペは日本語に多数存在します。10年以上前に「擬音語・擬態語4500 日本語オノマトペ辞典」という辞典が出版されましたが、辞典に含まれていないものを含めれば、もっと多くのオノマトペが存在しているでしょう。   日本語を勉強している皆さんにとっては困りますね。でも、オノマトペは他者に人や物の様子をより正確に伝えられるメリットがあります。 例えば、料理の感想を他の人に伝える場面でオノマトペを使えば、「この卵焼きはふわふわで、野菜はシャキシャキ、パンはもちもちしていています。肉はこんがりじゅーじゅーしていて美味しそうです」と言えます。 もしオノマトペを使わないと「この卵焼きは柔らかくふくらんでいて、野菜は噛んだときの歯ざわりが良く、パンは柔らかくねばりけがあって美味しいです。肉はほどよく焼けていて油で焼いた音を出していて美味しそうです」となります。 オノマトペを使ったほうが楽ですし、気持ちがより詳しく伝わりますよね。こうしたオノマトペはビジネスでもよく使われます。例えば、次のような広告の文章を見たことや聞いたことがあるませんか。「あつあつでとろ~り」「しっとりなめらか」「外はパリパリ、中はとろとろ」等です。こうしたオノマトペは上手く使えば売上の向上につながるのです。   難しいかもしれませんが、何度も聞いたり使ったりするうちに何となく使い方がわかりますし(日本人はこうしてなんとなく使ってます)、JLPTにも出てきます。特にN2に合格したい人はオノマトペ(擬音語、擬態語)もしっかり覚えましょう。 Xem thêm: Ăn gì để tăng sức đề kháng? (P1)…

Chuyên mục
Ăn gì để tăng cường sức đề kháng? (P.1)

  現在、感染予防のため、「免疫力をあげる食材」が注目されています。食習慣次第では、免疫力を上げることができます。では、どんなものが免疫力をあげるのか見ていきましょう。   Với tình hình dịch bệnh ngày càng lan rộng như hiện nay, người ta bắt đầu chú…

Chuyên mục
Tại sao thịt bò Wagyu của Nhật lại đắt?

牛肉はなぜ高い?  Tại sao thịt bò Wagyu của Nhật lại đắt?   どのスーパーでも牛・鶏・豚のお肉が並べられていますが、牛肉がその中で最も高いですね。100グラムあたりの平均価格は豚肉の1.5~2倍、鶏肉の3倍近くすることもあります。牛肉がこれだけ高いのは、主に3つの理由があります。まず、牛は鶏や豚よりも出荷までに育てる時間が長いため、その分費用(ひよう)がかかるためです。鶏は卵から生まれて2ヶ月、豚は6ヶ月で出荷されますが、牛は2年半もかかります。2つ目の理由として、牛は鶏と豚と比べて育てる効率がよくないためです。鶏は小さいため、あまりえさ代はかからず、豚も一度にたくさんの仔豚を産みます。しかし、牛は一度に仔牛を一匹しか産みません。また、牛は身体の半分くらいは骨なので、食べられる割合は鶏と豚と比べると少ないです。したがって、牛肉は高いのです。   Ở bất kì siêu thị nào cũng…

1 2